YPキャンプにて
YPキャンプにて

JEBは厚生施設として最高の環境の中にある軽井沢ハウスを持っています。場所は、ショー記念館の真裏にあたり、900坪の敷地に夏用の宿泊施設が一棟あります。部屋10部屋あり二階建てで、広い庭があり軽井沢銀座までは歩いて3分ほどの便利な所です。バックストンをはじめ多くの宣教師が夏の間、このところで心も体も霊も休め、主との交わり、家族との交わりを楽しみ力を受けました。 夏場の緑の美しさ、鳥の声、小川のせせらぎ、時々野生の猿も来ます。ぜひ、ご利用下さり、リフレッシュしてください。(基本的には伝道隊員の保養を目的としています。)

◇軽井沢駅から歩いて30分程度。行き順は、軽井沢駅から、まっすぐ軽井沢銀座へ進み、

つるや旅館へ そこからまっすぐ行くとショー記念礼拝堂へ、左へ曲がると軽井沢ハウス(地図参照)

 

■車の方:高速道路検索:時間・料金など:http://www.driveplaza.com/dp/MapSearch

■高速バスの方:大阪・京都からの軽井沢駅への夜行バス:http://www.chikuma-bus.co.jp/kousoku_keihan01.html

■新幹線の方:

JEB日本伝道隊 軽井沢ハウス

住所:〒389-0192 長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢647

1階の間取り
1階の間取り
2階の間取り
2階の間取り

軽井沢レストハウス使用申込書

 

日本伝道隊理事長殿

申請日     年   月   日( )

 

日本伝道隊の軽井沢ハウスを使用したいので申し込みいたします。使用に当たっては、規定を守り、使用料を支払います。よろしくお願いいたします。

 

申し込み期間       

日(  泊   日)          年    月   日( )    時到着予定から

                    年    月   日( )    時出発予定まで 

 

感謝を持って使用させていただき、使用に関しての破損や不注意による事故は責任を負います。

また、最後はきちんと片付けて使用が終われば理事長と管理人に報告をし料金を会計にお支払いいたします。(管理人;松野さん:0267-46-◆◆◆◆)

 

使用責任者 教会名:          名前          印 

    連絡先住所:                  ℡    

軽井沢での携帯番号:

 

(団体名)                    大人  名、子ども  名、幼児  名。

備考

  ◆管理人に前日に電話をして、到着時刻を知らせカギを持ってきてもらう、初めての時は、使い方の説明を 聞く、不備などがあればすぐに連絡し、帰る時も事前に連絡をし、カギを渡す。

   来た時よりも美しくがモットーです。食事はすべて自炊です。台所は3つですが、2階の台所に道具はそろっています。夜具は寝袋が35個常備しています。2階の真中の部屋です。

   電気・ガスの管理はよろしくお願いします。また、何か気づいたところがありましたら、連絡して下さい。

 

 

料 金 表 

 軽井沢レストハウスは伝道隊隊員の厚生施設です。伝道隊の使用を優先させます。夏は込み合いますので、申し込まれても7月に入り変更する時があります。ご了承ください。それぞれと使い方により、料金は変わります。ご相談ください。多くの隊員が使用しやすいように料金を減額しています。つきましては、責任を持って大切に使用してください。(2012年現在)

料金規定

条件

一泊料金

何泊×人数

合計

伝道隊隊員

 

規定額円

 

 

隊員の子ども

隊員同伴の時のみ

規定額

 

 

隊員の子ども20歳以上

隊員同伴の時のみ

規定額

 

 

隊員の家族・親族

隊員同伴の時のみ

要相談円

 

 

隊員同伴の信徒

隊員同伴の時のみ

要相談円

 

 

隊友や宣教師の関係

大人

理事長の許可が必要

要相談円

 

 

子ども(18歳まで)

理事長の許可が必要

要相談円

 

 

伝道隊の信徒

大人

理事長の許可が必要

要相談円

 

 

子ども(18歳まで)

理事長の許可が必要

要相談

 

 

他 団 体

大人

理事長の許可が必要

要相談

 

 

子ども(18歳まで)

理事長の許可が必要

要相談

 

 

 

合計金額

 

 

※ 3歳以下の子どもは無料です。

※伝道隊の各教会が独自でキャンプや修養会などで使う時は、料金を考慮します。ご連絡ください。

※YPキャンプ、ヴィジョンキャンプなど、伝道隊公認(理事会で認められたもの)のキャンプや修養会は使用料金は無料です。

 

■申し込みお問い合わせは、相生キリスト教会(前田師) <aioi_grace_christ_church@outlook.jp>まで、メールでご連絡ください。

 

■お支払い:

会 計(お支払い郵便振替番号 00930-1-207417 教団日本伝道隊

日本伝道隊・本部事務所  池之上 牧師  eメール:yasuke-1946@hera.eonet.ne.jp

住所:神戸市垂水区塩屋町6丁目32-15  TEL078-752-3979 FAX078-752-4001

 

先行者のする事

 

管理人に連絡する。(水道の元栓をあけてくださる。)

  (管理人:松野さん長野県軽井沢町大字長倉5391-27

               自宅TEL ・携帯:メールでお知らせします。) 

 

・入り口のチェーンをはずす。

 

・玄関のブレーカーを上げる。

 

・ガスの元栓を開く

 

・雨戸をあける。(網戸にして、風通しをしてやるのが望ましい。)

 

・トイレのウォーマーのスイッチを入れる。

 

 

※トイレについて

 

トイレはフラッシュダウン式、水を補給しながら使う。

 

流された汚水はパイプを通って、浄化槽1へ入る。浄化槽1がいっぱいになると浄化槽2へ行く。ただし、多人数が一度に使うと問題が起こる恐れがあるらしい。一度修理をしたらしいが、キャンプ中問題が起きたら、管理人に連絡をすること。

 

 

帰りのチェック表

 

キャンパー用

 

□じゅたんやカーペットなど床にしいていた物は、丸めて最初の位置へ

 

□毛布や布団などはビニール袋に入れ、所定の場所へ返したか。

 

□マットレスをひいていないベッドの上には新聞紙をかけておく。

 

□各部屋のくず箱のゴミなどは捨ててあるか。

 

□ベランダ、勝手口に出られる扉はロックしたか。

 

□雨戸をしめ、窓にかぎをかけ、カーテンをしめたか。

 

□洗面のコンセントは抜いたか。

 

 

キッチンスタッフ用

 

□冷蔵庫のコンセントを抜き、ドアにタオルをかけ、開いた状態にしておく

 

□コンロの元栓の確認。

 

□食器類の上に新聞紙をかけておく。

 

 

スタッフ用

 

□屋外倉庫の鍵を確認、鍵は玄関の戸棚につる。

 

□フロのボイラーの確認

 

□ガスの元栓の確認

 

□物干し竿をはずして、床においておく。

 

□赤松の木のロープをはずして、1F倉庫にかたづける。

 

□トイレのウォーマーをきる。電源プラグも抜いておく。

 

□玄関のブレーカーを落とす

 

□ゴミを持ち帰るか、ゴミの回収場所に出す。(燃えるゴミ月~金)

 

□各部屋に虫よけスプレーを散布しておく。

 

□入り口のチェーンをはる。

 

□管理人に連絡する。(水道の元栓を閉じてくれる。)