伝道隊防災マニュアル案

日本伝道隊 防災マニュアル 

防災対策 

 

1.教会建物の耐震診断を行う

建った年代、構造(木造、鉄骨、コンクリート)を調べる

 

2.家具の固定、ガラス飛散防止フィルムを張る、収納方法を考える(重い物、壊れやすい物は下段に、軽い物は上段に置く)。本箱の起き方を考える(本は凶器になる)。

物を高く積み上げない

 

3.不要なものは処分する(災害時には全部ごみになる)

 

4.避難方法を確認しておく

礼拝時に地震が起きた場合の教会内の避難路の確認

落ちてくる物、倒れてくる物はないかの確認

ガラスが飛び散ったりもしますから、必ずスリッパをはく

避難場所を確認しておく

信徒の帰宅方法も考えておく。遠くから来ている人はどうするかなども考えておく。

 

5.連絡網の作成

 

あなたの教会はどこにありますか?

 

私たちの教会がある場所によって、対応も異なります。まず私たちの教会がどういう場所に建っているかを把握して、それに合った対応が必要です。

 

1.川の近くにある教会

津波の危険あり。地域のハザード

避難所を開設しない

防災マニュアル参考

マップを調べておく。

 

2.都会の密集地にある教会

地震後火災の危険あり。すぐに

逃げられるように、耐震強度を

しつかりしておく。

3.平野部にある教会

耐震構造がしっかりしていれば

わからない

避難所を開設するに当たり

防災マニュアル参考

比較的安全。

 

4.山、崖の近くにある教会

山くずれの危険あり。早く逃げる。

地域のハザード・マップを調べて

おく。

 

避難所を開設する

避難所を開設するに当たり

防災マニュアル参考

5.海の近くにある教会

津波の危険あり

ハザード・マップで津波の

到着時力、規模、を調べておく。

早く安全な高い所に逃げる。

 

 

避難所を開設する場合の注意点

1.どのような人を受け入れるか。(例えば、お年寄り、妊産婦、障害者、外国人、)

2.何人受け入れられるか。

3.トイレの問題をどうするか。

これは一番大きな問題かもしれません。待てないので、すぐにとりかからなければなりません。断水しているとおもわれるので、水洗トイレは使わない。(つまる)外にすぐに簡易トイレを作る。水洗トイレを使う場合は使い方を記した紙を貼り、バケツに水を準備する。(猫の砂を用いるのも良い。防臭効果あり、すぐ固まるので後でごみとして処分できる)

どこにトイレを設置するか。どこから水を得るか良く考えておく。

4.水の確保をどうするか。

井戸があると便利しかし地震で水脈が変わることもある。

温水器がある家は200400リットルの水がある。あとは近くに川があるか。井戸があるか調べておく。

5.調理用の熱をどうするか。

プロパンのところは便利。外にかまどを作る(ブロックと100円ショップの網があると便利)。

6.寝具をどうするか。

ある物を上手に活用する。会堂で使っている長椅子の長い座布団、座布団を3枚シーンで包んで敷布団にできる。このため古いシーツ、カバー類は洗濯をして準備しておく。(安全ピンがあると便利)毛布を半分に折って安全ピンでとめると寝袋になる。新しい物を買わなくても、清潔ならよい。教会員の皆さんの使わなくなった物を献品してもらう。真空の布団袋に入れて保管するとかさばらない。

7.食糧の備蓄

30キロ、シーチキンの缶詰、カレールウ、味噌汁の具、切千大根、こうや豆腐、その他

8.その他

・古いラジカセ、ラジオが聴ければよい。新しい物を買う必要はない。

・携帯電話の充電器

・プライベートのない生活をしているので着替え室をつくる。

・ウェットティッシュ、 トイレットペーパー、テイッシュペーパーの備蓄

安い時に買うか、皆に1つずつ持ってきてもらう。

・粗品でもらうようなタオルを備蓄する。みなさんに献品してもらう。

・避難所の見取り図を考えて絵に描いておく

9.ボランティアの受け入れについて

救援物資と同じで来てくれるまで3日位かかるのではないか。それまでは避難してきた人々で運営し、従って受け入れる人々も弱い人、動けない人ばかりでなく、ある程度動ける人も受け入れ共に働いてもらう。長期になるのでそこをボランティアの方に助けてもらう。

・何人受け入れるか。 男性か女性か

・短期(日帰り、弁当持ち)

・長期(数日以上滞在出来る方には宿泊スペースと食事を提供)

・してもらいたい仕事の内容をはっきりさせる。(例 老人の介護、食事作りの手伝い、がれきの処理、避難所の雑用、水くみ など)

・ポランティアに来る方には保険に入って来てもらう。

・長期で来られる方には寝袋持参できてもらう。

10.季節によっての対応   あると便利な物

・夏(蚊取り線香、うちわ、熱さましジェル)

・冬(ホットカイロ、ペットボトルの湯たんぽ)

 

 

 

 

 

 


災害時に備える物としての参考リスト

食糧・飲料水関係       

                                  

無洗米                           

レトルトご飯                    

レトルト粥                       

レトルトカレー                 

各種レトルトパック           

真空パックおもち             

ビスケット                       

カンパン                         

スキムミルク                   

乾物(切干大根)             

乾物(ひじき)                  

乾物(だし付き高野豆腐)

乾麺(うどん)                  

乾麺(そうめん)              

乾麺(スパゲッティ)         

乾麺(マカロニ)              

シーチキン缶詰              

各種缶詰                       

コンビーフ                       

ミートソース                    

野菜ジュースの缶ジュース

各種パウダースープ

即席みそ汁                    

即席おすまし                  

乾物(みそ汁の具)          

カットわかめ                   

乾物(海草)                    

梅干し                            

あめ、キャンディー           

チューンガム

 

調理器具                   

卓上ガスコンロ             

ボンベ                          

給湯ポット(電気でない物)

サランラップ                  

チャッカマン                 

マッチ                          

紙コップ                       

紙皿                            

アルミホイル                

 

防災用品                                     

手動・災害用ラジオ                         

乾電池式ラジオ                              

乾電池                                           

簡易トイレ                                      

寝袋(毛布などを安全ピンでとめる事も可)

アイスボックス                                

発砲スチロールボックス                  

シャベル                                        

バール                                           

その他日曜大工用品                      

軍手          

マスク        

新聞紙       

アルコールスプレー

アルコールジェル

ローソク     

 

医薬品    

バンドエイド

消毒液       

鎮痛剤       

胃腸薬       

熱さましジェル

その他必要に応じて

 

その他                                         

ブルーシート                                   

おむつ(大人用・子供用)                 

ごみ袋                                           

段ボール                                        

トイレットペーパー                           

ティッシュペーパー                          

ウェットティッシュ                             

タオル                                            

ロープ                                            

ひも                                               

ガムテープ                                     

生理用品                                       

床式シート                                     

銀色のシート                                  

トイレセルレット(トイレを固める粉)

介護用手袋                                    

リンスインシャンプー                       

石鹸                                              

水を入れるタンク                            

メモ用紙                                        

ボールペン、フェルトペン                 

ブルーシート                                   

雑巾                                              

バケツ                                           

                                                  

歯ブラシ                                         

歯磨き                                           

虫よけスプレー(夏)                        

蚊取り線香(夏)                              

石油ストーブ(冬、ファンヒーターではない)

灯油(冬)                                       

使い捨てカイロ(冬)                        

 


各家庭での備え

(緊急持ち出しのリュックサックの内容)

・電話番号簿 (この時災害用伝言ダイアル171についてのしおりを入れておく)

・保険証のコピー

・預金通帳の番号を控えたメモ

・小銭(の公衆電話に使う)

・薬(ふだん常用しているもの。45日分位)

・めがね(スペアがあれば)

・ぼうしとマスク(ほこりがすごいので絶対に必要)

・タオル数枚(何枚もあると便利、頭にかぶったり、襟巻にもなる)

・大きなポリ袋(レイン・コート、防寒着、敷物等になる)

・手袋か軍手、ポケット・ティシュ・ペーパー

・メモ用紙とボールペン、フェルトペン(非難する時、無事であることを記したメモをわかりやすい所にしっかりくくっておく。そのため厚紙などを用意しておく)

・懐中電灯、ラジオ、電池

・くし、歯ブラシ、歯磨き、石鹸

・水

 

(もう少しもてる人はさらに)

・食料(乾パンは堅すぎて食べにくい。クラッカー、パンのカンズメ、ビスケット缶詰のもの(プルトップのもの)

・着替え

 

各家庭で備蓄しておくと便利な物

・紙コップ、紙 割り箸、サランラップ、アルミホイル

・テイッシュペーパー、トイレットペーパー、ウェットティッシュ・ペーパー、ごみ袋

・カセット・コンロ、ガスボンベ、チヤッカマンとライターの油、ろうそく

・シャンプー(節水のためにリンスの入ったシャンプー)

・水と水を入れるタンク、バケツ

・ブルーのシート、ひも、ガムテープ、ロープ

・自転車、パンク修理キット(路上にガラスが散乱していてパンクしやすい)

・発泡スチロールの箱、アイスボックスなど

・使い捨てマスク、ほうきとちりとり(家の中も色々な物が壊れ散乱します。電気掃除機は停電のため使えません。外回りのためにも少し硬めのほうきがあったら便利かもしれません)

・雑巾(古くなった衣類、タオルを適当に切ってひとつまとめにしておく)

・新聞紙(色々に役立つ、寒いとき体に巻くと防寒になる)

・ホットカイロ(冬用)、 熱さましジェル(夏用)

・蚊取り線香(夏は屋外は蚊が多い)犬用が長持ちする。

・給湯ポット(電気でないもの)

・シャベル、バール、ジャッキ、ロープは出しやすい所に保管する。

 

(食料の備蓄)

特別に買う必要はなく常にあるようにすれば大丈夫、賞味期限に注意して、期限少し前に使い切り、次のものを購入する。いつも使うもので十分できる。

・インスタント。らーめん類、スープ、味嗜汁

・シーチキンのカンズメ、コーンビーフ、ミートソース

・乾物、切干大根、ひじき、だし付きのこうや豆腐

・乾麺類(うどん、そうめん、スパゲッティ、マカロニ)

・スキムミルク 。真空パックのおもち

・野菜ジュースの缶詰

・飲料水

 

(その他考えておくこと)

1.地震直後どこに避難するか、何を持って逃げるか、電気のブレーカーやガスの元栓はだれが切るか決めておく(家族で話し合っておく)。

2.貴重品をひとつまとめにしてどこに置いておくか。

3.冬の、寒さ対策をどうするか。カイロ、ペットボトルの湯たんぼ(水用のだけ)

4.夏の、暑さ対策をどうするか。蚊の対策

5.トイレが断水で使えなくなったらどうするか。

6.小さい子供のいる家庭では子供をどう守るか。防災帽子、リュック(お茶、ビスケット、あめ、折り紙、おもちゃ、タオル、マスク、ティッシュペーパー等)

年に応じて準備する(紙おむつ、粉ミルク、熱さましシート、薬、おぶいひも)

7.ペットのいる家庭ではペットをどう守るか考えておく。阪神大震災では多くのぺットがホームレスになりました。えさを備蓄しておく。